環境保護方針|環境方針及び環境教育

環境方針

当社はガス・エネルギー供給に携わる事業者として地球温暖化問題を十分認識し、将来にわたって地球環境を保全するために環境マネジメントシステムの継続的改善を図りながら、社会の持続可能な発展に貢献してまいります。

当社では、上記の環境理念を具現化するための基本方針を次のように定めています。

  1. 環境マネジメントシステムを構築し、その継続的改善を図りながら企業活動と地球環境保護の両立を図ります。
  2. 企業活動の環境影響評価に基づき、技術的及び経済的に可能な範囲で環境目的、目標を定め、定期的な見直しを行い、継続的な環境保全活動を推進します。
  3. 環境関連の法律、規則、協定などを遵守し、一層の環境保全に取り組みます。
  4. 資源の有効活用を推進し、地球環境の汚染の防止に努めます。
  5. グリーン購入を推進します。
  6. 車輌による地球温暖化ガス排出の抑制に努めます。
  7. 廃棄物の削減・リサイクル化を推進します。
  8. 事業活動における省エネルギー化を推進します。
  9. ガス供給事業を通じ、クリーンエネルギーの普及を図ります。
  10. 事故防止対策を徹底し、安全なエネルギー供給を継続します。
  11. 地域との調和のとれた環境を維持します。
  12. 全社員に対して環境教育を実施し、環境に関する意識の向上を図ります。

この環境方針は、社外にも公開します。

平成28年4月1日
ヤマサ總業株式会社
代表取締役社長 道山岳司

環境教育

当社グループでは、環境活動のレベル向上を図るための環境教育・研修に注力しています。